ヘッダタイトル.png

TOPTOP最新号紹介最新号紹介バックナンバーバックナンバー取扱書店取扱書店お知らせお知らせプレゼントプレゼントお問い合わせお問い合わせ発行元発行元購入購入

最新号.png


表紙.jpg


Top Athlete Interview
ベイカー茉秋
東海大学4年

2012年の全国高校柔道選手権大会で注目を集め、大学進学後はトップレベルの選手として国内外で活躍を見せてきたベイカー茉秋。2016年のリオデジャネイロ五輪では日本人で初めて男子90kg級に金メダルをもたらした。スタンダードでは、五輪王者のこれまでの柔道人生と、自身が考える柔道界のこれからについて話を聞いてみた。

vol15_1.jpg

神奈川県高校野球特集2017
絶対、負けねぇ

球春到来--。今年も、たった1枚しかない甲子園への切符を巡って、神奈川県内の各チームが熱い戦いを繰り広げようとしている。慶應義塾高校が秋季大会に続いて神奈川を制し、一気に大舞台まで駆け上がっていくのか。横浜高校をはじめとする上位校が秋の雪辱を果たすのか。それとも、古豪や新興勢力が大躍進を見せるのか…。スタンダードでは2017年の神奈川の勢力図を占うべく、県内の各チームに「今、胸の内にあるもの」を語ってもらった。

【第1章】
センバツの裏側にある物語
輝く夏が、きっとくる

慶應義塾高校/横浜高校/商科大学高校/桐光学園高校

【第2章】
神奈川をリードする精鋭たち
PICK UP PLAYERS 2017


【第3章】
「悲願達成」にかける思い
横須賀から甲子園へ

湘南学院高校/三浦学苑高校

【第4章】
私立の壁を超えていけ!
公立2校の熱球物語

平塚江南高校/桜丘高校

【神奈川県高校野球特集番外編】
1983年の甲子園を忘れない
マリンブルーの軌跡

高井直継、中村大伸

vol15_2.jpg

vol15_3.jpg

vol15_4.jpg

湘南の活力となる生え抜きの新星コンビ
躍動する湘南魂
齊藤未月&石原広教(湘南ベルマーレ)

今季、J2からの再始動となる湘南ベルマーレ。1年でのJ1復帰に向け、チームが若返った中で、注目したいのは齊藤未月、石原広教の2選手だ。ともに地元出身でジュニアチームの時からベルマーレ一筋である生え抜きの新星に、今季への意気込みを聞いた。

vol15_5.jpg

ステラが照らす、女子サッカーの新たな道
勝利のその先へ
ノジマステラ神奈川相模原

昨年、念願のなでしこリーグ2部初優勝と1部昇格を果たしたノジマステラ。ここ数年は常に昇格のチャンスに手を伸ばしながら、あと一歩で涙を飲んできた。そんなチームの躍進の背景にあるものとは…。

vol15_6.jpg

神奈川を熱くするBリーガー
籠球維新

男子プロバスケットボールB.LEAGUEもシーズン中盤戦に突入。スタンダードでは開幕から神奈川を拠点とする川崎ブレイブサンダース、横浜ビー・コルセアーズの戦いを追いかけてきた。今回は、長谷川技(川崎ブレイブサンダース)、高島一貴(横浜ビー・コルセアーズ)の2選手にスポットを当ててみる。

vol15_7.jpg

神奈川高校卓球特集
時速190キロの熱球狂詩曲ラプソディ 

長さ2.74m 、幅1.525m の台上で、互いの「気持ち」と「技」をぶつけ合う卓球。神奈川県では横浜隼人高校が「女王」として君臨し、男子の県内無敗記録を更新し続けていた湘南工科大学附属高校も48年ぶりの県大会敗戦後、昨秋すぐさま王座を奪還した。新たなシーズンが幕を開けようとする今、彼らは何を目指し、どんな取り組みを行っているのか。その一方で、虎視眈々と次の王座を狙うライバルチームは、どんな動きを見せているのか…。

横浜隼人高校 /相原高校/湘南工科大学附属高校/慶應義塾高校

vol15_8.jpg

神奈川県高校柔道特集
「最強」の名を手に入れろ!

3月19、20日に全国高校柔道選手権大会が開催される。個人戦優勝者にシニアカテゴリの講道館杯全日本柔道体重別選手権大会への出場権が与えられるこの大会は、高校生アスリートたちにとって重要な大会。今号では個人戦にスポットを当てて、神奈川の代表として「頂点」に挑む男女10名を紹介していく。

vol15_9.jpg

水中最速の愛らしいマーメイド
さらなる輝きを放て
藤巻紗月(慶應義塾大学/NLS)

イルカの尾びれに似た、大きな足ひれをつけて泳ぐフィンスイミング。全身を大きくしならせて泳ぐその姿は、まるでマーメイドのよう。競泳の約1.5倍の猛スピードで水中を制する女子大生スイマーは、今どんな世界を見つめ、何を夢見ているのだろうか。

vol15_10.jpg

ウィンブルドン優勝を目指す13歳の軌跡
聖地への疾走
大橋麗美華(荏原SSC)

昨年、あの錦織圭と同じように、13歳でアメリカへのテニス留学を果たした少女がいる。大橋麗美華・13歳。小学生時代、全国小学生選手権準優勝、全日本ジュニア選手権12歳以下シングルス準優勝、ダブルス優勝をはじめ、輝かしい実績を残してきた。「ウィンブルドン優勝」を目指す彼女は、いま何を思い、どんな成長を遂げようとしているのか。

vol15_11.jpg

障がい者スポーツ
挑戦者たち
土井健太郎/パラ卓球

病気や不慮の事故で動作を制限せざるを得なくなったが、それでも、もしくはだからこそスポーツへの意欲を燃やす人々がいる。ハンディキャップを持ちながらスポーツに打ち込むアスリートたちを追いかけていく。

vol15_12.jpg

◎岩手版◎
岩手バナー.png岩手バナー.png
◎宮城版◎
宮城バナー.png宮城バナー.png
◎愛知版◎
愛知バナー.png愛知バナー.png
媒体資料バナー.png媒体資料バナー.png
facebookタイトル.png


twitterバナー.png